×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

ティファールとは?

 ティファール(T‐FAL)はノンスティック(こびりつかない)調理器具の世界的なトップメーカーで、フランスのグループセブのブランドでもあります。セブは圧力鍋で有名ですが、1956年に世界で初めて、こびり付かないフライパンとしてアルミフライパンにフッ素加工を施した製品を売り始めたのが、ティファールの始まりです。1968年にセブグループの傘下に入り、現在に至っています。その後もティファールは自社の売上の拡大と、企業買収による製品分野の拡大によって、世界を代表するノンスティック調理器具のトップメーカーになりました。ティファールと言えばフッ素加工のフライパンがもっとも有名ですが、温度を色で知らせるマークや、取っ手が取れるお鍋シリーズなどが雑誌やTV通販でも人気になっています。さらには圧力なべや調理家電、アイロン、体重計の世界的なトップメーカーでもあり、世界120ヶ国で信頼され、愛されています。

ティファールの特徴は?

 ティファールの商品ラインアップは、調理器具、圧力鍋、調理家電、電気ケトル、アイロンとシンプルです。日本のメーカーなどに比べると商品カテゴリーも少なく、アイテム数も絞り込まれています。また、イタリアのデロンギ社のような総合的な電気調理器具メーカーとも大きく異なっています。日本では最近、ティファール以外にもデロンギやフィリップスなどヨーロッパの電化調理器具メーカーが人気を博しています。ヨーロッパの調理器具の魅力は、丈夫でスタイリッシュなところにあります。その中でも、ティファールの商品は、常に流行をとらえ、時には先取りしながら、家庭や日常生活に上手に溶け込むようにデザインされています。かといって安易にデザインを変えず、頑固なまでに基本のデザインを堅持するあたりに、日本メーカーの製品にはない所有する喜びがあると考えられます。ティファールの商品はその使いやすさから、使う人の目線で仕事をしていることがわかります。

スポンサード リンク

ティファールの電気ケトル・アイロン

 最近では、ティファールはフライパンや鍋類だけでなく、電気ケトルが人気となっています。ヴィテスエクスプレス、アプレシア、ニューヴィテス プラス、プレモディア、オヴェアなど、ティファールにしては異例なほど豊富なラインアップとなっています。ティファールの電気ケトルがこれまでのラインアップとなったのは、新製品が出ても、旧製品を廃止しないヨーロッパでもフランス人の頑固さにあるようです。ティファールの電気ケトルはお湯が早く沸くというシンプルな機能しかありませんが、一回使って見ると、必要な分だけのお湯を、驚くほど早く沸かしてくれることに便利さを感じると思います。電気ケトルがあれば忙しくて朝の一杯を逃してしまうということもなくなります。また、ティファールの知られざるヒット商品にアイロンがあります。ティファールのアイロンの蒸気量は、プロの使うアイロンに匹敵するといっていいほどで、重量も適度にあり、皺にあるシャツに簡単にアイロンをかけることができます。その分、ティファールのアイロンは高価ですが、アイロンは一生モノと考えれば、スチームが壊れるような安物を買うよりは、作りのしっかりした絶対お勧めです。

Copyright © 2008 ティファールの製品を使ってみよう!